大学生 未分類 部活 高校生

部活の【副キャプテン】をうまくこなす5つの方法!-キャプテンとの関係性-

投稿日:2020年2月12日 更新日:

部活の副キャプテンを、

上手くこなす方法を知りたい方に向けての、

記事になっています。

 

「部活の副キャプテンに選ばれたけど、

何をしたらいいのかわからない。」

 

「キャプテンの役割はなんとなくわかるけど、

そもそも副キャプテンってどういう立場なの?」

と悩んでいる人は、多いでしょう。

 

そこで、高校時代サッカー部のキャプテンをしていた私が、

現役時代キャプテンに求めていたことをもとに、

副キャプテンを上手くこなす方法を紹介します。

 

「自分の気になったところだけ読みたい」という人は、下の目次をクリックして見てみてください。

 

はじめに

副キャプテンとは

副キャプテンとは、

基本的にキャプテンのサポートをする役割になります。

 

キャプテンと選手の架け橋になったり、

キャプテンがいないときは、キャプテンの代わりをするのが仕事です。

 

また、キャプテンが悩んでいるときには、

相談に乗ってあげることも大切な仕事です。

 

「自分は副キャプテンだから...」と、

ほかの部員と同じような気持ちでいずに、

副キャプテンとしての自覚をきちんと持つことが、

キャプテンを支えるうえで大切になってきます。

 

 

 

副キャプテンに向いている人とは

副キャプテンに向いていると思う人の特徴を紹介します。

 

・誰とでも分け隔てなく仲良くできる人

・周りが良く見える人

は、キャプテンと部員の中がギクシャクしたときに、

いち早く気づき、問題解決をするときに役に立ちます。

 

・人に流されにくい人

は、キャプテンが間違った意見を押し通そうとしたときに、

「それは違うよ。」と正しい意見を教えてあげるときに役に立ちます。

 

・人の話を聞くのが上手な人

キャプテンが困っているとき、相談に乗ってあげる時に役に立ちます。

 

 

 

部活の「副キャプテンをうまくこなす5つの方法」

キャプテンに頼りすぎない

部活の副キャプテンをうまくこなす方法として、

キャプテンに頼りすぎないことが大切です。

 

「自分は副キャプテンだからなんとなくしとけばいいや。」

と思う人は多いです。

 

しかし、このような甘い考えをしていると、

キャプテンとの溝がどんどん深くなっていきます。

 

感覚としては、

副キャプテンだけど、自分もキャプテンと思って

練習に取り組むことが大切です。

 

部活の中で何か問題が発生したときや、

部活中に練習がうまく進まない時に、

「キャプテンがどうにかしてくれるやろ。」

という気持ちになるのはやめましょう。

 

 

 

キャプテンと2人で話す時間を作る

部活の副キャプテンをうまくこなす方法として、

キャプテンと2人で話す時間を作ることが大切です。

 

キャプテンが感じている責任や孤独感というのは、

まわりが思っている以上に大きなものです。

 

2人で話す時間を作ることによって、

キャプテンの感じている責任や孤独感は少し軽くなります。

 

部員みんなの前では言えない話や、

悩みを聞いてあげることが大切です。

 

 

 

キャプテンと部員の架け橋になる

部活の副キャプテンをうまくこなす方法として、

キャプテンと部員の架け橋になることが大切です。

 

キャプテンは立場上、部員にきつく当たったり、

自分から嫌われ役にならないといけない時があります。

 

そんな時に、副キャプテンの出番がやってきます。

 

何をすれば良いのかというと、

キャプテンにも部員にも声をかけるのです。

 

キャプテンと部員がすれ違っているときがあると思います。

 

そのことを分かったうえで、

キャプテンと部員、両方に声をかけ、関係を修復させるのが大切です。

 

 

 

普段からキャプテンの動きを見ておく

部活の副キャプテンをうまくこなす方法として、

普段からキャプテンの動きを見ておくことが大切です。

 

副キャプテンは、

キャプテンが家の用事や体調不良で部活を休んだ時に、

代わりをしないといけません。

 

普段からキャプテンの動きを見ることで、

普段と変わらない練習に取り組むことができます。

 

また、

「キャプテンがこれだけ頑張っているから、

自分もサポートできるように頑張ろう」

という気持ちになれます。

 

 

 

まわりをよく見る

部活の副キャプテンをうまくこなす方法として、

キャプテンだけに限らず、部員も見ておくことが大切です。

 

そうすることで、みんなの悩みにいち早く気づくことができます。

 

キャプテンは、練習の仕方や、部のまとめ方、

いろんなことを考えないといけません。

 

キャプテンだけでは気づきにくい部分を、

キャプテンの右腕として、気付けれるようにすることが大切です。

 

 

 

まとめ

部活の副キャプテンをうまくこなす方法は

・キャプテンに頼りすぎない

・キャプテンと2人で話す時間を作る

・キャプテンと部員の架け橋になる

・普段からキャプテンの動きを見ておく

・周りをよく見る

ことが大切です。

 

キャプテンと副キャプテンの息があっていると、

部活の雰囲気も良くなるし、練習の質も上がります。

 

みんなから、

慕われる副キャプテンになれるように頑張りましょう。

 

 

-大学生, 未分類, 部活, 高校生
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【大学生】ひとり旅をおすすめする3つの理由

大学生で、「ひとり旅をしてみたい。」と 思っている方に向けての記事となっています。       大学生で、時間を持て余している人は多いです。   ぜひ、そんなあ …

【高校生】大学生になる前に知っておいてほしいこと3選!

新しく大学生になる、高校生に向けた記事になっています。       「春から大学生になるの楽しみだな~。」 と大学生活を楽しみに思っている人に、 大学生活を楽しいものにし …

部活のキャプテンを上手くこなす4個の方法!

部活のキャプテンに選ばれ、 やる気と不安が混ざり合っている、 そんな人に向けた記事です。     「部活のキャプテンに選ばれたけど、 どのようにまとめたらいいのだろう」 「部員との …

【大学生】人脈を広げる方法3選!ー友達を増やしたい方必見ー

大学生になって、人脈を広げたい、と 思っている方に向けた記事になっています。     大学生になって、 ・地元から離れてしまったから友達がいない ・もっといろんな人と関わってみたい …

【大学辞めたい】と感じている人への4個のアドバイス

大学辞めたいな、と感じている人向けの記事になっています。     この記事では、「大学辞めたい病」 から立ち直った私が、あなたの悩みを解決します。   「大学に変な憧れを …